カールやモレーンなどについて勉強していた

風化などについて稽古しました。河川による侵食がきつく働く山地では谷下が深く削られたビデオテープ単語谷ができ、河川が山地から平地に流れ出るところには粗い砂礫が堆積して扇状地ができます。また、中流から下流では渦によって砂や泥が堆積して谷下平野(渦原)ができ、河口には三角州がつくられます。高緯度界隈や高山で、万年雪が縮小されて氷となり、流れ出すようになったものが氷河だ。氷河の過ぎる速さは階級に数量十〜数量百m周辺ですが、固体です氷の動向による侵食・持ち運び動作は広く、馬てい様式に削られたカール(圏谷)や、U単語谷が形成されます。氷河によって削り取りとられ、運ばれたがたいの不ぞろいな砕せつ物は氷河の両側や角に堆積行なう。これをモレーン(氷堆石)といいます。風化や侵食、火山の噴火などでできた砕せつ品(岩石や鉱物の破片)は、河川の水や独特によって運ばれ、より安い点で堆積行なう。このようなことを学んで良かったと思います。キレイモ vio